fc2ブログ

お弁当を作って、話題のムジセッカを見に行ってきました。
と言っても、現地で出会った人にポイントを教えてもらおうと思っていたのに誰もいなかった…
自力で探すしかなく、目星をつけたヤブ周辺で午前中待ちました。
昨日と打って変わり、今日は気温が低く風が冷たい。
それに雪混じりの雨も降ってきて一時避難。。。

昼食を済ませ再び待っていると、雨も上がり晴れ間もでてきました。
午後からはバーダーさんが増えました。
周辺を歩き回っていると、小さな虫が飛び始めたのでもしかして出てくるのでは…と思い元の場所へ戻ると。
やっと出てきてくれました!

ムジセッカ(スズメ目ムシクイ科ムシクイ属)
繁殖地は、シベリア~モンゴル~中国
越冬地は、中国南部~インド方面

ということなので、このルートからはずれている日本へは稀にしかやってこない鳥なのです。



ムジセッカと聞いていなかったらウグイスと間違えます。最初に見つけた人尊敬。
ウグイスとの違い、①眉班がウグイスよりくっきりしていること。



ウグイスとの違い、②ウグイスより尾羽が短い。


最初地味な鳥だな~と思っていましたが、写真を撮るとなんともカワイイ姿です。
自分で気がついたウグイスとの違いは、ウグイスは常時隠れているけどムジセッカは採餌に出始めると姿を現す時間が長い。



ところで素朴な疑問ですが、名前に「セッカ(スズメ目セッカ科セッカ属)」とついているのに科も違うしセッカとぜんぜん似ていないではないか。
あれこれ調べてみたら、他のムシクイ類と比べて最外側初列風切が長い点がセッカに似ているということに由来するということです。(2023.6月号BIRDERより)
とわかったけれど、やはりホニャララムシクイとした方が自然な気がしないでもない。


とにかくとにかく、今日は長時間待って目的の鳥と出会えたことで寒さも吹き飛びました。
撮っている時は無意識に息を止めていて、ヤブに隠れるとはぁはぁ息をしている自分が滑稽でした。

Z8B_4409.jpg
スポンサーサイト



虫獲りレンジャク

バイカオウレン

comment iconコメント ( 2 )

おはようございます。
ムジセッカ、未見の鳥さんです。
可愛いですね。

>撮っている時は無意識に息を止めていて、

ワカリマス、ワカリマス。

ムシクイ類は難しいので、いい加減に撮っています。
昨年、撮っていた鳥が後でカラフトムシクイと教えてもらい
びっくりしたぐらいです。

名前: テマドハルベ [Edit] 2024-02-17 08:43

テマドハルベさん、コメントありがとうございます。

この鳥さん、とても小さくて動きが速く撮りにくかったです。
息苦しい撮影に共感していただけて嬉しいです。

カラフトムシクイですか、すごいな~。やっぱり珍鳥の宝庫ですね。
私もムシクイの見分けは難しく頭がこんがらがっています。

名前: sekirei1130 [Edit] 2024-02-17 20:46

コメントの投稿