FC2ブログ

換気扇の掃除ってめんどうですよね~。

あのやっかいな油汚れを簡単に落とせる道具ってないものか…
100均やホームセンターで探してみました。

でも洗っていて感じるのは、道具より掃除の頻度をあげること。
ラクに洗う為には、ちょくちょく洗うが一番。
わかっちゃいるけど…ってやつですけど。
アルカリ系の強い洗剤を使わなくても台所中性洗剤できれいになるんですよ。


ちなみに今まで試した道具は…

シロッコファンブラシ。
買ったものの、これは毛が硬すぎて塗装を傷めそうで一度も使っていません。
IMG_5285.jpg 


セリアの「すみっこぶらし」。
柄の厚みが薄くてシロッコファンの羽の隙間に入りやすそうと思って購入。
しかし、羽の凸部分は洗えるものの、凹部分にはフィットせずNG。

IMG_5282.jpg 


これもセリアの細いブラシ。
細かい部分を洗えると思ったけれど毛量が少なすぎるのと、柄が短かすぎてNG。

IMG_5284.jpg 


古ハブラシを熱湯で90°曲げたもの。
羽の凹部分にフィットするのでは…と作ってみたのですが、
ハブラシヘッドのプラスチック部分が隣りの羽をこする為、塗装がはがれそうでNG。
IMG_5283.jpg 


とまぁ、試行錯誤を重ねて、現在ベストな洗い方はというと…

まず、シロッコファンをはずして布で羽の表裏を一枚づつ拭きます。
座ってできるのでTVを見ながらでもできます。
↓は油汚れを拭き取った布。
これだけでも汚れの8割を落とせるくらいきれいになります。
IMG_5411.jpg 


次に、刷毛で洗います。
刷毛は取っ手に角度がついたもので、毛量が多く、コシがあるものが仕事が早い。
羽を2~3枚いっぺんに洗えます。
お湯を使って中性洗剤で洗えば簡単にきれいになりました。

IMG_5406.jpg 


シロッコファンが乾く間にフード部分をきれいにします。

整流板をはずして洗い乾かします。
フードは中性洗剤でアワアワにしてタオルをしぼって何回かふきとります。

IMG_5408.jpg 


終了。
さすがに汗だくになり、自分もシャワーしてさっぱりしました。

IMG_5409.jpg 
スポンサーサイト



ひと月前にリフォームしたウッドワンのキッチンもようやくなじんできました。
新しいキッチンにリフォームしたらやりたかったことがあります。
それは、

調理台の上には何も置かないこと

フラップアップの棚には、よく使う塩・砂糖・雑穀類・お茶・コーヒーなどを収納しています。
IMG_4092.jpg 

ところが、炊飯器の置き場所だけはどーしてもここしか無理…

IMG_4088.jpg

どこか他の場所と言ってもキッチン後ろ側は、天井までの作り付け収納なのです。
そこで、その棚の中へこの炊飯器を入れられないかと夫に相談してみると、
早速モノタロウでスライドレールとホームセンターで板を購入してきました。
この炊飯器、お米を入れなくても重さが7kg以上あるので重量に耐えられるスライドレールらしいです。

IMG_4073.jpg

で、いろいろ頑張って取り付けてくれまして…

IMG_4082.jpg  

完成 

ご飯を炊く時はスライドレールを引き出して炊きます。

IMG_4083.jpg 

キッチンはこのようになりました。
基本ご飯の保温はしないので、炊飯器を棚に収納する時はカラの状態です。

IMG_4094.jpg
 


以前は置き型の食洗機を使っていたのですが、だんだん使わなくなり処分しました。
なので今回のリフォームも食洗機はつけませんでした。

洗い物は、前から憧れていた燕三条のステンレス製水切りかごを購入しようと思っていました。
ただシンクの左側スペースが15cmしかなく、迷った末に一番設置幅をとらない「栗原はるみ水切りラック」を購入しました。
この水切りかごはスライドすれば倍の幅になりますが、普段はたたんだ状態で20cmで収まります。
奥行きは59.5cmで、キッチンの奥行きを有効利用できます。

ラック1 

スライドするかごを伸ばすと収納力たっぷりですけど、通常は伸ばさず使うつもりです

ラック2 


夫婦二人暮らしならこれで十分と思っていましたが、毎朝ニンジンスムージーを作るのでジューサーカップがあったり、お弁当も作っているのでお弁当箱やらスープジャーやら洗い物だらけで毎回ここが山盛り状態です。
リフォームのどさくさに紛れて購入しましたが、水切りかごにしては良いお値段でした。


続きを読む

3. リフォーム完成


リフォーム業者は2社見積もりをとりました。

金額的にはそんなに差はなかったのですが、かゆいところに手が届く提案をして下さる業者さんに決めました。

ウッドワンに関しては一度も経験がないとのことでしたが、いい業者さんでした。


さて、ようやくリフォームも完成しました。

キャビネット扉の材質は、ウォールナット、オーク、メープル、ニュージーパインがありますがオークのクリア塗装を選びました。

ワークトップは当初から希望していたステンレス バイブレーション加工(研磨模様で艶消し加工)。

角張ったシンクの形もお気に入りのひとつです。


吊り戸棚については、今後物を減らしていきたいと考えているのでなしとするか、最近よく見かけるオープン棚にするか迷っていたところ、何回目かのショールーム訪問でフラップアップという棚を見つけ、それを吊り戸棚とすることにしました。

巾もレンジフード(900)+フラップアップ(1800)でちょうど間口2700のキッチンに収まります。

材質もキャビネットと同じオーク材を選べるので統一感もあります。

ちょっと可愛くて気に入っています。



ライトが点くと雰囲気変わります

キッチン



2. リフォーム業者


その後、見積もりを取る為リフォーム業者を訪れ相談しました。

ショールームの様子からも想像していたけど、ステンレスキッチン希望は珍しいようです。

しかもウッドワンは年に1件くらいしかないらしい。(°_°)


ステンレスが好きならクリナップも見積もった方がいい、あとリクシルにもワークトップにステンレスバイブレーションがあるそうで、候補は3社になりました。


・クリナップ (セントロ)

・リクシル (リシェル)

・ウッドワン (スイージー)


またショールームに行ってメーカー別の仕様を決めなければならないんですって。

え~、また行くんですかー?

しかも3社ですか。

正直ちょっとめんどうになってきた… 


その結果、クリナップはヘアラインのステンレスしか選べず汚れと傷が気になるので除外。

リクシルショールームの担当者はプロ意識の高い方で、お話しているとリクシルに決めたくなります。

しかし、自分が決めた仕様を見るとリクシルの使い勝手の良さを利用しつつ、見た目を限りなくウッドワンに近づけているのがなんだか浅ましい。


そんなにウッドワンが好きなら本物に決めたらいいじゃないか。

もう年齢も年齢なので、実用的より好きなものに囲まれて暮らしたい。

ただ、金額が想像していたよりちょっと張るので夫に相談したのですが、自分もウッドワンが一番良いと思うと背中を押してくれたので決めました。

ウッドワンは無垢材なので、経年変化があります。

変化=劣化も味のうちと割り切り決めました。一緒に老いていけばいいかな…と。


決定したのは8月。

どんだけ悩んだんだ?って思われるでしょうけど、途中ダレた空白の期間がありました。笑

リフォームって気持ちが乗っている時に一気に片づけた方が良いということを次回に活かします。


つづく